FC2ブログ

みんなの法務部長

すべてのビジネスパーソンに法務知識を!

インハウスになるのに法律事務所での経験は必要?

「インハウス(企業内弁護士)になる前に法律事務所での弁護士経験を積んでおいた方が良いですか?」と聞かれることがあります。

いろいろな情報が溢れているから、気になりますよね。

これに対する私の回答は「どちらでも良いと思いますよ」です。

実は、私自身は法律事務所での弁護士経験を経てから企業に入りました。
そしていまでも、法律事務所での経験が役立つ場面も多く、「法律事務所で働いた経験ってすごく貴重だな。自分の大きな財産だな」と感じており、実際に自分のアピールポイントにもしています。

でも、司法修習後、そのまま企業にはいってインハウスになるのがNGか?というと、決してそうではないと思うんですよね。

企業によっては、法律事務所や任期付き公務員などへの出向の機会が用意されていることもありますし、海外留学の機会を用意しているところもあります。(ちなみに、こういった制度がないところでも、さらっと自分から提案して色々実現している方もいます)

つまり、成長の機会というのはいくらでもある。

他の人の経験をリスペクトし、謙虚な気持ちで仕事・勉強に取り組むという姿勢を持ちつづけるならば、司法修習後そのまま企業に入っても、法律事務所に入ってから企業に入っても、いずれもインハウスとして活躍していけると思います。

ちなみにもし、私がいまインハウスに興味を持っている司法修習生だったら、法律事務所・企業の両方の情報収集をして、「ここに行ってみたい」と思えるところに企業、法律事務所関係なくエントリーする、ご縁のあった一番しっくりくるところに入るという選択をするだろうな、と思います。

以上、ひとつの情報として参考になれば幸いです。

スポンサーサイト